旅とアートとエコ

美術家 旅人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟ー水の旅 3日目 江南区西野~福島潟(北区)

8月3日 雨のち晴れ

4時過ぎに起きる。
発電機の音がしない。
見ると傾いて止っていた。
「あぁ…」。
設置し直す。

090803_065851.jpg

090803_065911_ed.jpg

それからテントを畳む。
農家の朝は早いので、私も早起きしないと。

農家の方がやってきたので、事情を説明する。
理解してくれたが、そのあと9時過ぎに別の方がやってきて水の放水を止めてしまった。

撤収し、出発。
電圧から予想して、走れる距離は10km程度だ。

コンビニの前で食事していると、関東から仕事で来たという男性にマシンの質問を受ける。
発電方法も含め、説明する。
えらく感激てしいただいたが、そういえば、
地元の人に、マシンの質問受けることはあまりないな、と思った。

090803_133156_ed.jpg

小杉のJA倉庫の道路向かいに発電ポイントを見つけた。
用水路の水深が30cmもあった。
発電機の高さ調整台の脚を一番延ばして設置することにする。
ふと、「いや、待てよ」。
今度は水の落ちているところに足を入れてみる。
膝上まで浸かっても、底に足が着かない。
「ダメだ。深過ぎる」。

090803_134704_ed.jpg

諦めて、大阿賀橋を渡り、北区に入る。
バッテリーが残り少ない。
田園地帯に入って、探す。
しかし、この付近の田圃は区画毎にポンプが付いていて、そこから水を取り入れるので、
今の時期では水が出ていない。
発電場所を見つけられないまま、東に進む。
農協でも聞いてみたが、分からなかった。

090803_173717_ed.jpg

光晴中学校の前で、遂に警報音と共に、電池が空になった。

あとは荷物を含め120kgの、重い電動カートを押して歩くことになる。
一転して移動が苦痛に変わる。
道を2回も間違えた末、22時半に電動カートを押して水の駅ビュー福島潟に到着。

  1. 2009/08/05(水) 11:48:38|
  2. 水と土の芸術祭
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新潟ー水の旅 4日目 福島潟(北区) | ホーム | 新潟―水の旅 2日目 新潟市役所~江南区西野>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzukiisao.blog70.fc2.com/tb.php/95-f6b6274b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。