旅とアートとエコ

美術家 旅人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新潟への旅

#230;

企画展 新潟への旅

プレスリリース

新潟への旅
ご案内:
 新潟を訪れる旅人たちは「新潟」をどのように見てきたのでしょうか。
 越後平野の信濃川・阿賀野川が日本海に注ぐ所に位置する新潟は、古代から湊町として発展してきました。舟運を利用して各地へモノが流れ、文化が運ばれ、人が行き来し、江戸時代には北前船の寄港地としても繁栄しました。時を経て、鉄道が敷かれ、道路が整備され、空路も開かれ、日本海側の玄関口としての役割を担うようになりました。それぞれの時代を通して、新潟には多くの旅人が訪れました。本展はこれら“旅人の目に映る新潟”を、写真や絵画、地図、映像や現代アーティストによるインスタレーションにより探るとともに、音楽・舞踏などの多彩なイベントを通して、とらえてみようとするものです。
 どうぞ「新潟への旅」展で“旅”を追体験しながらお楽しみください。

開催日:2010年2月13日[土]~2010年3月22日[月・祝]

開館時間:9:30~18:00

会場:企画展示室1・2・3

休館日:毎週月曜日
※ただし2010年3月22日は開館

観覧料:一般600円(450円)、大学・高校生450円(300円)、中学生以下無料
 *( )内は団体【20名以上】料金です
 *障がい者手帳、療育手帳をお持ちの方は観覧無料(受付でご提示ください)

主催:新潟市美術館
後援:新潟日報社
協力:新潟大学人文学部、新潟市写真館組合、新潟モジュールレイアウトクラブ、「新潟モボ・モガを探せ!」プロジェクト実行委員会
協賛:株式会社リコー、富士フィルムプレゼンテック株式会社

参加アーティスト:
秋山さやか、糸崎公朗、田中功起、鈴木勲、石山和広

【同時開催】「新潟への旅 inほんぽーと 昭和の博覧会と旅人たち」
日時:2010年2月4日[木]-4月6日[火]

会場:新潟市立中央図書館(ほんぽーと)2階 特別コレクション室

料金:入場無料

お問い合わせ:025-246-7700(新潟市立中央図書館)


関連イベント・関連展示
□オープニングトーク「新潟への旅」
永田幸男(新潟日報社編集委員)×北川フラム(当館館長)
★エントランスホールにて、モジュール 鉄道模型の出発式を行います!
日時 2010年2月13日[土] 10時30分~11時30分
会場 エントランスホール
料金 無料

□スペシャルコンサート「新潟への旅」山下洋輔(ジャズピアニスト)
日時 2010年2月14日[日] 18時30分~20時
会場 企画展示室3
料金 2,500円
定員 100名
応募締切 2月5日[金]必着
*往復はがきに氏名、連絡先(住所、電話番号)を記入の上、美術館まで
*応募は1人1回のみ、はがき1枚につき1名記入
*応募多数の場合は抽選

□パフォーマンスイベント「新潟に彷徨う」堀川久子(舞踏家)
日時 2010年2月20日[土] 15時~/2010年2月28日[日] 15時~
*全2回、各回とも45分程度
会場 企画展示室
料金 無料
*ただし、企画展示観覧券が必要となります

□ドキュメンタリー映像「映像の新潟」原田健一(新潟大学教授)ほか
日時 2010年3月7日[日] 13時~15時
会場 エントランスホール
料金 無料
*会期中の土日祝日、映像は企画展示室内でご覧いただけます

□ワークショップ「新潟のまちをフォトモしよう!」糸崎公朗(アーティスト)
日時 2010年3月14日[日] 10時~16時
集合場所 新潟市美術館 実習室
料金 1,000円(他に写真プリント代)
定員 15名
対象 一般
応募締切 2010年3月5日[金]必着
*往復はがきに氏名、連絡先(住所、電話番号)を記入の上、美術館まで
*ワークショップ参加者の作品をエントランスにて展示します(展示期間は2010年3月16日[火]~3月22日[月・祝])
*当日は古町界隈を歩きますので、暖かい服装でお越しください

□ギャラリートーク
会期中の土曜日 13時30分~(30分程度、全6回)
料金 無料
*ただし、企画展示観覧券が必要となります


お問い合わせ先
新潟市美術館
〒951-8556
新潟市中央区西大畑町5191-9
TEL:025-223-1622
E-mail:museum@city.niigata.lg.jp
http://www.ncam.jp/html/

  1. 2010/01/28(木) 19:05:24|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<信州国際音楽村 | ホーム | NHKデジスタ #374 入選作品『旅マシーン』>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzukiisao.blog70.fc2.com/tb.php/145-a98bc824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。